スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にとっての居心地良さ 断捨離のタイミング

「リビング、汚いよ!」
帰宅した長男の一言。

耳の痛いことをずばりと指摘されてしまいました。


もちろん、理由はあります。


暖房のあるリビングに、仕事場を移動したこと。
単身赴任の夫の、帰宅荷物が散乱していたこと。

でも、彼がそう感じていたように、わたし自身も、違和感を抱いていたのです。
その声を契機に、ダンシャリアンさよこの行動開始。

まず、主婦的発想を断捨離
夏や冬は、光熱費の節約の為、ついついリビングで仕事をしてしまい、テーブルの周りは、散乱状態になりがち。仕事とOFFの区別がつかないまま食事になることも度々あります。


やはりこれではいけませんよね。


家族が集う空間を心地よいものにしておきたいと思い、二階にあるアトリエへ、仕事場を戻すことにしました。こうすることによって、ダラダラと過ごしてしまう、時間も断捨離。メリハリのきいた時間の使い方を意識するようになります。


次に、意識の断捨離
アトリエに、洗濯物を干しています。

仕事と生活を切り離さなければ・・・と思うとこれは苦しいことになるところですが、暖房費もかさむこの頃、日中の仕事をするこの場所で干すことは、労力と光熱費の無駄を省くことつながります。自分の作業を近くで機能的に仕上げることができている。そう考えれば、心苦しさもありません。


自分の尺度を持ち、無理をしていないか自分と相談しながらの行動を心がけることで、身の回りは確実にすっきりとしてきます。


photo:02



さて、リビングから引っ越したモノを片付けようと触りだしたら、アトリエはこの有様。


~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~-image

一応、必要なモノのはず。されど、再度断捨離の必要性あり。
要る要らないの仕分けすること2時間。

何とかここまで進みました。

photo:03


大好きなモノに囲まれて、制作も仕事もはかどります。



断捨離には時期があると思うのです。
モノを減らしスッキリさせる、そのタイミングを待ちながら取り組む。

いま、必要と思うモノ、捨てられないと感じるモノに対して踏みとどまるのも必要
それも、自分を大切にもてなすことだと思うのです。

生きてる関係
アクティブな空間


居心地よくなったアトリエが、私を迎え入れてくれます。


かわのかみさよこでした。


昨日のお昼

photo:04

野菜たっぷりラーメン

お夕飯

キノコ鍋

photo:05

山芋グラタン
photo:06

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Quilter Sayoko

Author:Quilter Sayoko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。