スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出逢いは宝物のように

こんにちは。いかがおすごしですか?
かわのかみさよこです。

17年ぶりの再会を喜びあった斉藤とも子さんとのつながりは、思いもよらない広がりを見せることになります。今回のテーマは『出逢いは宝物のように』。


~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~

祈りがご縁で深く関わることになった李政美さん。


彼女が毎年最後にLIVEをするのが東京・駒込にあるどぅたっちです。

ちょんみさんから感じる波動と、とも子さんから感じる波動がとても似ていることもあって、どうしてもとも子さんに李政美さんのことを知ってもらいたい、そう思ってこのLIVE(ちょんみさん仲間からは、忘年会と呼ばれているのですが)にお誘いしました。


まさにどんぴしゃり。

ちょんみさんの歌声、歌詞、語りの一つひとつが、とも子さんの心をつかまえていくことになります。


ちょんみさんにとっても、とも子さんはあこがれの人。

以前とも子さんが出演されていた、本を紹介する番組のファンだったそうで、その場で意気投合。

私が思っていた以上に、二人は急接近していきました。



~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~

そして・・・

ちょんみさんが『姉』と慕う朴慶南 (ぱくきょんなむ)さんとのつながりも、その場で結ばれます。

慶南さんとはその後、カンボジアへ一緒に向かうことになったり、すてきな関係が深まっていきます。

もちろん、この時はそんなことも知るよしもなく・・でしたが。


とも子さんが連れてきて下さった、黃莉香 さんともまたまたすてきなつながりをいただきました。


たった一つの出逢いが、こんな風に広がっていく不思議。

動かなければ、きっと何もおこらなかったはずなのに、時がそういう場を用意してくれたいたのでしょう。



~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~

莉香さんも、かけがえのない友人となりました。

Rika's Journal


話を元に戻しましょう。

とも子さんと疎遠になっていた17年の月日が、みるみるほどけていきます。

そんな感覚になるような日々が、ここから始まります。


お互いの距離がどんどん近くなり、翌年8月の李政美さんの石川ツアーから、レギュラーのように斉藤とも子さんが同行して下さるようになったのです。お仕事ではなく、友人に会いに、という感じで。


とは言ってもせっかくの来県、彼女のお話をぜひたくさんの方に聞いてもらいたいと、称名寺コンサートの日に併せて、斉藤とも子さんのお話を聞く会を開催できる運びとなりました。


2010年の李政美さんのコンサートは、私の初めての個展と同時開催。

それにとも子さんは花を添えるように、「平和への祈り」と言うお話会の中で、キルト「祈り」についてお話をして下さいました。とも子さんの柔らかな口調に導かれ、これまで生徒の皆さんにさえお話をしたことがなかったこの作品への想いを語ってしまいました。


夢中になって話す私の言葉に、真剣に耳を傾けてくださる皆さんの姿がありました。

その姿を見て感極まり、言葉にも詰まってしまう私でした。



~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~

自分の想いを込められるものがある幸せを実感した瞬間でした。


キルト「祈り」もとっても幸せです。ちょんみさんの歌で生命を吹き込まれ、とも子さんの深い祈りに包まれ、多くの方の愛をいただき、さらに輝きを増したように思います。

出会いは宝です。
私を豊かに成長させてくれます。

色々な事に関わることで、針を持つ手を休めることになっても、それは決して私にとってはマイナスなことではなく、常に次なる作品へのステップ・蓄えとなっていくのです。


物事は多面体。

いろいろな出来事と向き合うことで、さらに、本質に向かうことができるのだとおもいます。

自分にとって、キルトは命を紡ぐ作業。そこにいろいろな思いを織り込んでいける出逢いがあり、その作業が輝きを増していくのを実感しています。


こうあらねばならない。


そう思い込んでいた自分自身の心を断捨離。


固い殻をそぎ落としてこそ見える風景。


李政美さんとの出逢い、そして斉藤とも子さんとの出逢いが、今の私に大きな、そして豊かな力をもたらしてくれています。心から感謝。


祈りは、それまでの私からの『脱皮』の作品だったのかもしれません。


たくさんの出逢いは、巣立ちも兼ねていて。

お世話になった方々から、自立の時も迎えていました。

その最初の作品となったのが


『やわらぎの季(とき)』


トルコ旅行と時を同じくして出逢ったアーティストラビィサリ。


「音楽も、キルトも、これで終わりということはないかもしれません」と話してくれたボーカルのうさぎさんの感性。

そんな話を、これから綴っていこうと思います。





にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

いつも本当にありがとうございます。

これからも応援よろしくお願いいたします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Quilter Sayoko

Author:Quilter Sayoko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。