スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩ヨーグルト

今朝、TVで紹介されていた「塩ヨーグルト」を作ってみました。

photo:01
ヨーグルト400~450g
塩 小匙1

photo:02


かき混ぜて


ザルとボールを重ね、キッチンペーパーを敷いた中に塩ヨーグルトを入れ、冷蔵庫で半日寝かせます。

photo:03


あとは待つだけ。

生クリームやホワイトソースの代用として使うことで、カロリーOFFと言うことらしいです。
明朝、オムレツを作ってみましょう。

どんな仕上がりになるやら。

今からとても楽しみです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

教えることは学ぶこと

晴天の連休は、秋を楽しむための贈り物。
北陸のお天気は、移り気です。
一日一日、冬の気配が色濃くなってきましたね。

かわのかみさよこです。


今日のお稽古は、カルチャーと個人レッスン。

展示会前になると、、個人レッスンを希望される方がふえてきます。

グループレッスンでは、時間に制約があるからです。

photo:01


photo:02


構想がなかなかまとまらず、やる気を無くしてしまいそうになっておられたので、イメージに合うパーツを幾つも作ることに集中していただきました。

迷いが出た時は、「目の前のことを丁寧に!」ということの実践です。


「今は先のことを心配せず、ひたすら作ってね。 作っていて楽しくて心地良いなら、それはあなたのイメージ通りになっていってるってことだから。大丈夫! 素敵なキルトになるから。」

自分が感じていたことでもあるので、アドバイスにもついつい力が入ります。

心の中につかえているものを取りのぞくことで、見えなかった目の前の道が見えてくるのです。

photo:03


積み上げてきた努力の結晶。

いよいよ全貌が見えて来ました。

photo:04


年内にトップの完成に漕ぎ着けることができるでしょう。
その後はキルト綿と裏布を重ね、ひたすらキルティング作業が続きます。

全体像が見えてくれば、迷いも疲れも吹き飛んでしまいます。


生徒さんの監修を手がけることは、私の学びの場ともなっています。

気をつけているのは「決して私の好みを押しつけない」ということ。


もちろん、持っている技法や技術、色選定や配置のアドバイスは惜しみなく。


時に「分からないから、先生決めて」と頼まれることもありますが、少なくともいくつかのパターンから選択するという方法も含めて、常に「自分らしさ」を意識していただこうと考えています。


聞かれて、即答できない場合は、宿題として持ち帰ります。

決してあやふやにその場をごまかすことだけはしません。

こういうスタンスで、この21年間、生徒さんに育てていただくことができました。

ともに歩んできた道のりこそが、私の宝物・財産です。

いよいよ来冬に迫ったキルト展のプロジェクトが動き始めます。

まずは開催日の決定。その予約の日が近づいてきました。

希望の日程で開催できますように。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
本日も、最後までありがとうございました。

これからの道を切り開くエクササイズ

11月22日。

誕生日を迎え、たくさんの方からお祝いのメッセージやプレゼントをいただきました。


自分をこの世に送り出してくれた両親、ご先祖様、そして出会えた大切な仲間たちに感謝の気持ちを込めて、日々を大切に生きていきたいと思っております。

ありがとうございます。


photo:01


今年の誕生日は、私にとって、新たな展開のスタート。

忘れられないものとなりました。


慌ただしいけれど、とても充実しています。

photo:02


仕事の充実と合わせるように、私生活にも大きな変化が。
丸9年の単身赴任生活に終止符を打ち、パートナーが家庭に戻ってくることになりました。


子育ても一段落し、それぞれの仕事に志を持って進んできた二人の道。

丁度よい距離感を保つことで、お互いを尊重し合う気持ちも持つことができていたように思います。

彼のおかげで、私は、大切なキルトに打ち込む時間も持つことができていました。


いつかはこういう日が来ることは分かっていても、積み重ねられた毎日。それぞれに創り上げた空間があります。それをどうすりあわせていけばいいのでしょう。


長男が大学へ行くようになり2人家族、長男が戻ると次男が大学へ。

2人暮らしの家の中は、自然と、キルトの作業スペースがどんどん広がってしまっていました。


そこへ、突然に決まったパートナーの帰宅。

今のままでは、彼の荷物を入れる場所がありません。


大きな変革のこの年、これは、私にとってのステップアップと考えて、家の中を大改造。

アトリエにしている部屋を、丸ごと空っぽにしてしまいましょう。

どこかへ移すのでは無く、きっぱりと。


この空間ダイエットを行うことが、自分のこれからの道を切り開くエクササイズ

自分との関係を問い直し、これからの自分を見つめ、さらに、パートナーとの生活を見据えて。


これは、面白くなって来ました。


一人でいろいろできていたことを、これから毎日確認しながらしなければならない大変さはあるけれど、二人だからこそできることもあり、それを楽しむ自分でいたいと思っています。


応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

メッセージキルトは福島へ

お天気に恵まれたのも一日だけで、本日は冷たい雨になりました。


かわのかみさよこです。
以前、ご紹介しました生徒さんが作られたメッセージキルトが福島の薬局に届けられました。

希望の星フレンドシップキルト


書いていただきました


メッセージキルト


石川からの応援メッセージを掲げて下さっている、福島の皆様。

photo:02


私たち教室でも何かできる事で末長く応援して行きたいと思い、前回に引き続き、来冬のキルト展でも手作り小物や鞄の販売を企画しています。早速、作ってくださった生徒さんがおられます。その思いが嬉しくて、心が暖かくなりました。

photo:03

キルトを通して心を通わせることができている、そう思うだけでうれしくなってしまいます。


人から人へとつなげる、優しさのバトン。
平和への祈り。燈燈無尽ですね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

にほんブログ村





迷ったときには、目の前の一つのことを誠実に

久しぶりに青空に恵まれ,、白山の美しい景色に心が洗われる思いをした一日を過ごしました。

ごきげんいかがですか?
かわのかみさよこです。

先日、お誘いを受けた大聖寺クラスの、一足早い忘年会に参加させていただきました。
隠れ家のような古民家。
旬のものを戴き、雷雨の音も音楽に聴こえるような、楽しい時間を過ごしました。

全ての素材が新鮮で、感動の味わい。
心ほぐれる一時を創って下さったことに感謝いたします。

~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~

美味しいものを戴きながら、キルト談義が弾みます。
その中での一言。


「最近、なかなかやる気がでてこないの。針を持たずに、テレビを観てしまうこともあるわ。こんな調子だから、展示会に間に合うかどうか不安で・・・。」


思うように針を進められないことから、ついつい弱音を吐いてしまわれたのでしょう。ご自身を、責めているようにも感じられました。

「そうそう。そんな時もあるものよ。長く関わってれば波があるもの。出来ないことを責めないで。」

その場は、そんな風に言葉をかけ、はげましてきましたが。


家に帰ってから、その事が頭を巡って離れません。気持ちをプラスの方へ持っていくことができなかったことへのジレンマもありました。自分がここ数年、ずっと感じてきたことを指摘されたような気がしたのかもしれません。


寝る間も惜しんで針を進めたころもあったのに・・。

しばらく針を持つだけで、頭が痛くなったり、指や腕のしびれを感じたり。

体調への不安から、制作にも身が入らない。


展示会に間に合わないという不安は、まさに、以前の私自身でした。


そんな私の言葉が、人の心の奥へ届くはずがありませんね。

反省反省。

そう思いを巡らせているとき、ふと蘇ってきた言葉があります。

友人が語ってくれた、李政美さんの話。


「歌に対する私の思いが、だんだん、固まっていって、凍りついてしまったらどうしようと話をした時、佐久間順平さんが、『それならそれで、そのままの自分を放り出してみよう』と言ってくださいました。それで今日は、丁寧に丁寧に、自分に嘘の無いようにに歌うことを心がけました。そうしたら、時間が早く過ぎました。今はとてもうれしい気持ちです。」


そんな内容だったと思います。


迷った時には、目の前の一つのことを誠実にやりとげよう。そうしたら一つ終わるよ。

友人が付け加えてくれた、その一言。

そのことこそが、今、この時に、必要な言葉だったのですね。


今のできない自分に引け目を感じ、先にある〆切に終われ、次々に手渡される仕事に埋没し、何も手に着かずただ漫然と過ごす時間に落ち込んでしまう。そしてその先に不安を感じ、そこから逃げるすべを考える。


そんな時に限って、食べ物が偏り、ダイエットしなきゃダイエットしなきゃと思いつつ、できない自分を責めたり。ぐるぐる回る渦の中に、どんどんはまり込んで行ってしまう自分がいました。


できないことを悔やみ、先に不安を持ってしまうその事すべてが自分自身。

丸ごと受け止め、今はその時と考えよう。

立ち止まって休むことも大切。

そして、落ち着いたら、目の前の一つのことを丁寧に。


こんな時こそ、自分の一番大切なキルトへの思いを確かめられる時


いつも自分の身の周りに、作りかけの作品を置いておこう。そんな環境を作っておいて、一日に、10分でも、一針でもいい、針を進めよう。そして、そのできたことに感謝し、できた自分を慈しもう。


できたことの積み重ねが、気づいた時に、自分の道のり、作品となっている。


同じように、いろんな出来事や仕事で押しつぶされそうな気持ちになった時も、まず、目の前の一つのことを、誠実に仕上げよう。一番最初にやらなければいけないことが分かっているならそれを、それさえ判断できないような時は、どれでもいいから、気づいた一つのことをやりとげよう。


言葉をいただいた時に心に感じたことを、もう一度、自分の芯のところでとらえ直し、自分の言葉として伝えていけたらなと思っています。


出来ない理由を探すより、やりとげるための方法を考えていく。

もう一度、そう自分と対話する時間をいただきました。

お稽古の場だけではなく、みなさんと過ごせる時間は私の宝物です。
ありがとうございます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村


自分なりのペース

北陸はどんよりした日が続いています。
今日は大荒れの天気。雨に濡れた人も多いことでしょう。

こんな時だからこそ、少しでも太陽が顔を出すと心がパッと晴れやかになります。

週のはじめ。

どのようなスタートを切られましたか?

かわのかみさよこです。


断捨離ダイエット。

ゆるやかで無理のないペースで続けています。

ブロクを書くという作業を通し、自分自身を見つめ直す時間を持つことができてるおかげでしょう。

心と身体に常に問いかけ、楽しみながら今にいたっています。


出来ない日があっても、それはOK。

ごちそうの日は喜んでいただき、その時を楽しみ、次の日に調整。


自分で自分を縛りつける気持ちを手放し、常に自分らしくあること。

軸足を自分に置くだけで、その見分けはしっかりとできるのだということを、この数ヶ月で実感しています。


誰かのためでは無く、自分のため。

自分の心地よさに気持ちを焦点化させて、これからも続けていきたいと思っています。



本日のお昼

牡蠣と里芋のパスタ

photo:01



お夕飯

切り干し大根と里芋の煮物、蕪の豆乳シチュー、玄米の混ぜ御飯

photo:02

レシピも少しずつ紹介していきましょう。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

楽しさが意欲の源 革工芸への出品から

かわのかみさよこです。

2012/11/9-11の日程で開催されていました、アザミ革グループ展に、3点、作品を出させて戴きました。場所は、金沢名鉄エムザギャラリーです。


photo:01

いつもなら主催者としての立場で会場にいるため、来て下さる方とゆっくりお話もできません。しかし今回は、生徒としての立場。ゆったりと会場の雰囲気を楽しみ、とてもリラックスした時間を過ごすことができました。


キルトの細やかさとはまたちがう、多くの技法や知識。

その美しさや質感の違いに魅せられ、革工芸工房の門をたたいて3年が経ちました。

自分自身をリフレッシュするとともに、学びを通して、キルトのことを見つめ直す機会にもなっています。


まだまだ知らないことばかりで、お客様に尋ねられてもしどろもどろ。

それでもこの展示会の間に、革の奥深さや知識を、先生やお仲間に教えて戴くことができ、さらに楽しみが広がる思いがしています。


こちらは、生革で作った天使のオブジェ

photo:02


革が硬く、型を作るのに一苦労。

指先が痛くなる程、力を入れなければならないパーツがあったり、大変苦労しました。

その分、できあがりのかわいらしさには満足。

いかがですか?


こちらのブローチも一枚の生革から形作ったものです。


photo:03


気に入った色になるまで、何度も染め直しました。


何色重ねても、イメージする色が出せず試行錯誤。
さらに、同じ色を出そうと思ってもなかなかうまくいきません。

その日その日、一期一会の色彩


こちらのバッグが、私の初めての作品です。

photo:04


色染めや、持ち手に時間がかかりましたが、手縫いが楽しく、手作りがますます好きになりました。記念すべき作品です。


photo:05


やってみて初めて気付くことが多く、難しさと同時に、学びの楽しさを味わってます。

革を始めるまで、色を自分で作れる絵画や革工芸などは、布に比べ、好みの色合いが出せるのでいいなと思っていたのですが、それはとんでもない勘違いでした。

それぞれの道に、それぞれの難しさ、工夫があります。それは、やらない限りは分からないのですね。

また、同じ作業をしていても、学ぶ側の感覚と、教わる側の感覚は全くちがうものだということにも気づかされました。


「出来上がりや先の工程が見えないから、今自分がしていることの意味が分からない。」

以前、生徒さんが嘆かれたことを思い出しています。

生徒さんから質問されても、ついつい自分の感覚で答えてしまっていたのでしょう。

その意味がよ~くわかるようになりました。


教わる側の気持ちに寄り添うことで、より作品へ向かう気持ちが高まっていく

楽しさが意欲の源であることを、自分の学びを通して再確認させていただいています。



革の先生とは、時には教える立場としての考え方やアドバイスの仕方など、向き合ってお話出来る時間もあり、とても楽しく貴重なものとなっています。出逢いに感謝です。

常に初心忘るべからず。
教え始めた頃の気持ち、学び始めた頃の気持ちを心の片隅に留め、モノ作りを楽しみます。

観に来て下さった皆様、ありがとうございました。

心より感謝しております。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

針のバトン 心のパッチワークをありがとう

週末を如何お過ごしですか?


11月に入って、なかなかすっきりとした日がありませんが、気持ちはいつも晴れやかにまいりましょう。

かわのかみさよこです。こんにちは。

ご病気を煩い、仕上げがなかなかはかどらなかった生徒さんの作品、ベッドカバーが、先ほど完成いたしました。

photo:01

生徒さんが三人、バトンタッチしながら、彼女の作品の止まった時間(針)を進めて下さったのです。


来冬のキルト展へ向け、ご自身も制作に忙しい中、快く引き受けて下さいました。

まさに心のパッチワーク。


彼女の作品であり、そして、みんなの絆を深める作品でもあります。

photo:02

どんなに、ご自分で最後まで仕上げたかったことでしょう。


でも、こうしてできあがった物を前にして思うのは、決してみんなで創り上げたことは、価値を下げる物では無いと言うこと。


一針一針、彼女の想いを汲み取り、また一緒に時を過ごせるよう願いを込めた祈りも織り交ぜ。

なんとすばらしい作品でしょう。


明日早速、生徒さんの想いと一緒にお届けします。
お元気になられますように。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

鶏肉のマーマレード煮

かわのかみさよこです。


11月7日は立冬。
暦通り、霰と雷で荒れた一日となりました。今年の冬は、厳しいものになるのでしょうか。


どうぞ、体にお気をつけ下さい。


さて、今回はレシピ紹介。


イベントの打ち上げなど、うちうちで好評をいただいているメニュー、「鶏肉のマーマレード煮」をご紹介します。
~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~

レシピはこちら


photo:01


5人~8人
◆鶏肉またはスペアリブ 500g
水洗いし、お湯でさっとかけて、余分な脂を取ります。

◆玉ねぎ&にんにく 大2個&ひとかけ
粗みじん切りにします。


★鍋にバターまたはオリーブ油を入れ、にんにくを炒め、香りが出て来たら玉ねぎを加え透明になるまで炒めます。

★炒めたところへ鶏肉を加え軽く炒めます。

★次に、甘さ控え目のマーマレードジャム(ゆず茶でもOK)と、同量のお醤油を加えます。
ひたひたにならなければ、水とブイヨンを入れると良いでしょう。

★アクを取りながら煮込み、最後にワインまたは日本酒大さじ1杯を入れて出来上がり

※残ったタレのヒントメニュー
このマーマレード煮のタレは、翌日も翌々日も使い回しが出来ます。

●ラード状になったタレを火にかけ、豚のしゃぶしゃぶ肉をさっと通し、生野菜いっぱいの上にお肉とタレをかけると、さっばりして美味しく戴けます。

●翌々日も残っていれば、焼き飯の味付けとして使えます。

最後まで品を変え楽しめるのがいいですね。

パーティや宴会の後には、みなさん、このタレを小分けしてお持ち帰りくださいます。家庭に持ち帰れば、それぞれの家庭の味を加えてお楽しみ戴けるようです。

ぜひお試し下さい。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

にほんブログ村

やわらぎの季(とき)と、ぜひ出逢ってください

やららぎの季を、展示しています。


スポーツコミュニティダイナミック
「カルチャースクール展示」

小松空港出発ロビーにて

2012/11/11(日)まで

photo:01


このような展示の企画は初めてということで、とても光栄に思っております。

飾り付けのお手伝いをさせていただきました。

photo:02


飾っている合間に「これは何? 用途は?」と質問されました。作品が、人との会話をつないでくれているのを感じ、とてもうれしく感じました。

韓国の方から、ハングルで話しかけられドギマギ。


パッチワーク・キルトのバッグを私に見せ、何か伝えようとしてくれていたので「ハンドメイド?」と尋ねると、にっこり頷いてくださいました。言葉はいりません。心と心が通い合えば、笑顔で十分コミュニケーションができるのです。何かホッとする時間でした。

展示会ではないので、直接皆様にお目にかかってお話しすることはできません。

それが残念です。

でも、せっかくのこの機会に、せめて作品だけでも、皆さんに出逢っていただけたらと思い、紹介させていただきます。

photo:03


photo:04


photo:05



やららぎの季以外にも、ポジャギと絹で作った「ともに 生きる」を飾らせていただきました。

質感の違いを、ぜひ、感じ取ってください。

生徒さんのサンプラーキルトやタペストリー、バッグなども展示してあります。
空港に起こしの際は、是非ご覧くださいね。


昨夜のお昼
前々日のお鍋で雑炊

photo:06


夕飯
キノコと緑豆春雨の春巻き アボガドのお刺身 ワカメスープ

photo:07


昨日のお昼
焼きたてパン

クリームシチュー ツナサラダ

photo:08

お夕飯
煮物 干物 チャプチェ 釜揚げ桜海老丼
photo:09

本日も、最後までお付き合い、有難うございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

私にとっての居心地良さ 断捨離のタイミング

「リビング、汚いよ!」
帰宅した長男の一言。

耳の痛いことをずばりと指摘されてしまいました。


もちろん、理由はあります。


暖房のあるリビングに、仕事場を移動したこと。
単身赴任の夫の、帰宅荷物が散乱していたこと。

でも、彼がそう感じていたように、わたし自身も、違和感を抱いていたのです。
その声を契機に、ダンシャリアンさよこの行動開始。

まず、主婦的発想を断捨離
夏や冬は、光熱費の節約の為、ついついリビングで仕事をしてしまい、テーブルの周りは、散乱状態になりがち。仕事とOFFの区別がつかないまま食事になることも度々あります。


やはりこれではいけませんよね。


家族が集う空間を心地よいものにしておきたいと思い、二階にあるアトリエへ、仕事場を戻すことにしました。こうすることによって、ダラダラと過ごしてしまう、時間も断捨離。メリハリのきいた時間の使い方を意識するようになります。


次に、意識の断捨離
アトリエに、洗濯物を干しています。

仕事と生活を切り離さなければ・・・と思うとこれは苦しいことになるところですが、暖房費もかさむこの頃、日中の仕事をするこの場所で干すことは、労力と光熱費の無駄を省くことつながります。自分の作業を近くで機能的に仕上げることができている。そう考えれば、心苦しさもありません。


自分の尺度を持ち、無理をしていないか自分と相談しながらの行動を心がけることで、身の回りは確実にすっきりとしてきます。


photo:02



さて、リビングから引っ越したモノを片付けようと触りだしたら、アトリエはこの有様。


~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~-image

一応、必要なモノのはず。されど、再度断捨離の必要性あり。
要る要らないの仕分けすること2時間。

何とかここまで進みました。

photo:03


大好きなモノに囲まれて、制作も仕事もはかどります。



断捨離には時期があると思うのです。
モノを減らしスッキリさせる、そのタイミングを待ちながら取り組む。

いま、必要と思うモノ、捨てられないと感じるモノに対して踏みとどまるのも必要
それも、自分を大切にもてなすことだと思うのです。

生きてる関係
アクティブな空間


居心地よくなったアトリエが、私を迎え入れてくれます。


かわのかみさよこでした。


昨日のお昼

photo:04

野菜たっぷりラーメン

お夕飯

キノコ鍋

photo:05

山芋グラタン
photo:06

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

ポジャギを使った携帯入れ

どんよりとした日は、お針仕事に最適。
文化の日は、外に出ないで、ゆっくり家で過ごしました。

かわのかみさよこです。

今日の作業は、この携帯入れ。

途中までで放置してしまっていたのですが、おかげで一気に仕上げまでたどり着きました。

photo:01

表はポジャギで、裏はスコサ(紋様の入った絹)にキルティングを施してみました。

photo:02

紐の部分には、韓国お土産に戴いた鳥のアクセントを。

photo:03


ちゃんと紐が通せるようになっているアイディアが素敵です。

早速、明日から使ってみます。

これで、携帯を探す手間が省けそうです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。

書とポジャギ

ごきげんいかがですか?
かわのかみさよこです。

ポジャギに魅せられ、訪れた韓国。
~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~


~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~


~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~

絹や麻の美しさに魅せられたのは言うまでもありませんが、その旅での収穫はもう一つ。

『美しい』と感じた、ハングルの文字です。


それまでは、単なる記号の羅列。

とても文字だとは思えなかったのですが、仁寺洞(インサトン)を歩いているときに目にした書の美しさに、心を奪われてしまいました。


「その文字とポジャギを作品にしたらどうだろう?」と友人にアイディアを戴き、作った作品があります。
~さよこのキルト&ポジャギ&断捨離チックな暮らし~

初めての試み。趣味の域を出ていないものではありますが、私にとってはとても大切な作品の一つとなりました。


この作品を見てくださった方の中に、書道家の方がいらっしゃったのです。

それがきっかけとなり、なんと、コラボレーションのお話をいただきました。


これもまた、紡ぎ合う心と心、なんと不思議なご縁でしょう。

とんとんと話が進み、いただいた言葉からインスピレーションを受けて製作した作品がこれです。

『和顔愛語』


photo:01

なんと美しい言葉でしょう。
この言葉と書を生かせるよう、柔らかな色彩で作ってみました。
photo:02

これはソウルで開催された日韓友好の書道展で展示され、観られた韓国の方から「面白い」と関心を寄せられたそうです。飾られた場所で、この作品を見ることができなかったことを残念に思います。

まさに日韓友好。互いが交わる喜びを、自分の心で感じることができました。

ありがとうございます。


キルトと同様に、今ではこのポジャギも私にとってのライフワーク。

ずっと関わっていくことになるでしょう。


三層にしてキルティングを施し、布に陰影をもたらすキルト。

一枚仕立てで透明感が命のポジャギ。


全くちがう印象を醸し出すこの二つが、私の中で一つに結び合っています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村


今日も最後までありがとうございます。

体の風通しを良くする「断捨離呼吸」

かわのかみさよこです。こんにちは。


冬将軍が突然やって来たような、荒れ模様の一日でした。
少しの晴れ間をみては、車の乗り降りをしなければいけませんでしたが、皆さんの地域は大丈夫でしたか。冷え込みも厳しいようです、どうぞご自愛下さい。

さて、本日のテーマは呼吸


疲れている時や緊張している時、呼吸が浅くなってることに気付いたことはありませんか?
生あくびが出たり、過呼吸になったりするということもあります。

健康の為に必要なのは、息をゆっくり長く吐くことだそうです。

「断捨離ダイエット」に書かれている、断捨離呼吸をご紹介します。

心と体を浄化する 断捨離ダイエット 体を汚すモノを断つ!たまった毒素を捨てる!太る習慣から離れる!/世界文化社



¥1,260
Amazon.co.jp

基本の呼吸は、

『鼻から息を吸う』
→ おなかをふくらませ、胸を前後左右に開きながら、全身に新鮮な酸素を行き渡らせるイメージで息を吸い切る。

『口から息を吐く』
→お腹を凹ませ、胸を前後左右に縮めながら、脂肪や毒素、痛みや体のトラブルが出て行くようなイメージで息を吐き切る。

私はこれを、朝のテレビ体操の前や眠る前、ドライブ中の信号待ちやお風呂の中で実践しています。

ちょっとした合間の時間でもできる呼吸法。
おすすめです。

そして、最近始めたのが『片鼻呼吸』

右脳や左脳のバランスを整え、心身をリフレッシュさせてくれます。粘膜強化に繋がり、鼻アレルギーにも効果が出そうな予感がしています。

やり方は、

1. 右手の中指と人差し指を眉間に置き、親指と薬指を小鼻にのせ、薬指で左鼻を閉じ右鼻からゆっくり息を吸う。

2. 親指で右鼻を閉じ薬指を左鼻から離し、左鼻からゆっくり息を吐く。

3. 同じ要領で、左右10回繰り返す。

4. 次に、新鮮な酸素で全身が満たされるようイメージしながら、鼻からゆっくり息を吸う。

5 全身の脂肪や毒素、痛みまでも全て吐き出すようイメージしながら、口からゆっくり息を吐く。こちらも10回繰り返す。

湯舟に浸かりながら、鼻の粘膜を潤わせてやると、とても呼吸が楽でリラックスします。

このような呼吸法を、体と対話し、『なりたい自分』をイメージしながら実践中。
みなさんも、ぜひお試し下さい。


本日のお昼
夕べのチゲに氷見うどんを入れました。

photo:01


お夕飯
photo:02

八宝菜 柿と蕪の酢の物 もずく納豆 おからサラダ 黒豆ご飯



*ちょこっとレシピ*

柿と蕪の酢の物

柿は薄切りにし、さっと塩水に通す。
蕪も薄切りにし、塩もみして水気を切る。
蕪の葉は、塩茹でし水にさらし、輪切りにして彩りに使う。

これらを三杯酢で合わせて出来上がり。




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村




今日も応援下さり、ありがとうございます。
プロフィール

Quilter Sayoko

Author:Quilter Sayoko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。