スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「祈り」のイメージ

おはようございます。
今日から三連休ですね。

どのような計画でお過ごしでしょうか。

かわのかみさよこです。


今日は、キルト『祈り』の全体構成についてお話しします。

以前の記事 で紹介したポジャギ。
そこからいただいたイメージをキルトの中に表現するためにはどうすればいいか。


たどり着いた答えが、白や生成りの布を使い透明感を出すことと、陰影の美しさを出すキルティングを交互につないでいくことでした。


私にとっての「祈り」とは~光り~のイメージ

デザインは、その『光』の層を重ねていく感じで創り上げていきました。

photo:02


また、パッチワークしたパーツと光沢ある綿 サテンの継ぎ目にコードパイピングを入れる事で、メリハリを付けようと考えました。
このコードパイピングによって、作品に重厚感がでたようにも思います。

でも、ここまでのプロセスは序曲のようなもの・・・・・。

トップが仕上がり、キルティングデザインを描き、キルト綿と裏布を重ね、三層にしたものにキルティングを施す作業へと続きます。とても時間がかかる気の長い作業ですが、大好きな時間です。

夢中になると、あっという間に時間は過ぎていきますね。


祈り は、個展やイベントなどで展示しています。

作品を前にしながら、お話しできる機会があれば幸せです。

催し物は、またこのblogにて紹介させていただきます。その時は、ぜひ、足をお運び下さい。



次回はキルティングへの想いを綴りたいと思います。

今回も、ありがとうございました。


blogへの応援、いつもありがとうございます。

アクセス、ランキングが急にのびてとてもうれしく思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村




↑こちらのバナーをワンクリック。
スポンサーサイト

「祈り」の中の いのり

おはようございます。
会社勤めではないのですが、金曜日は何となく、心躍る時間を過ごします。
みなさまはいかがですか?

かわのかみさよこです。

今日は、「祈り」デザインへのプロセスを・・・。

私は、閃きの人間ではないようで、デザインにはとても時間がかかってしまいます。
そんな私が大切にしているのは


『常にアンテナをはる』
『大切なことは、すぐにメモをとる』


ということ。

そうしながら、デザインの種を探し、はぐくみ、つなぎ、自分の中の自分と対話していくようにしていきます。


アンテナを張っていると、不思議と出逢いに恵まれます。
心のチャンネルが、その方向を向いている、ということでしょうか。

いろんな大切なことが、きっと私たちの周りに、ちゃんと用意されているのでしょう。

それに気付く心を持っているかどうか。


それも『感性』なのかもしれませんね。



2005年春
姫路にある「川のほとりの小さな美術館」の岩田美樹さんとの出会いをいただきました。
その際の、平和祈念公園の朝鮮慰霊碑に、ご冥福を祈りたいと言う美樹さんの思いに共鳴し、集まった者で二枚の布を縫い繋げました。

それをまとめたのが、こちらのポジャギです。

photo:01


シンプルなのに、力強さを感じる。
その透明感がとても美しく、心を引きつけられるのを感じました。



その時の印象が、キルト制作へのヒント、そして思いへとつながり、キルト『祈り』の誕生となっていきます。


photo:02


繋ぎ目をどう表現するか。

いろいろな技法(アップリケ?・ピースワーク?)があるなかで、試行錯誤をくり返し、最終的にたどり着いたのが5ミリのラインをピーシングにして、繊細な感じを出す、という手法。

今でもこの作品を前にすると、あのときの思いがよみがえってきます。


私にとって、大切なメモリアル。
この作品との『出会い』が、いろいろな人との出会い、再会へとつながっていくことになっていくのです。

人生ってとても不思議で楽しい。
だからこそ、その日その日、一日を大切にていねいに、感謝して!

今日も一日、ごきげんな時間をお過ごしください。


明日は、全体の構成について、お話しします。

これからもよろしくおつきあいください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


にほんブログ村





祈り の 前で

おはようございます。
かわのかみさよこです。

今朝は、少し曇り空です。
いかがお過ごしですか。

私の作品に、「祈り」というものがあります。
今日からそのキルト「祈り」について綴っていきます。
しばしおつきあいください。


『祈り』は、パッチワークの箇所を出来るだけシンプルに表現し、
キルティングに想いを縫い込めたいと構成した一枚。

これは縁があって出会った韓国のポジャギをモチーフにしました。
そのことについては、またテーマを変えて。


photo:01

この写真は、二年前に初めて開催させて頂いた個展での一枚。
ふと気づくと、「祈り」をずっと見上げておられる方がいらっしゃいました。

ご自分で椅子を運ばれたのでしょうか。


座りながら、私の作品を、ずっと見つめてくださっていたのです。
その姿をお見かけして、心にこみ上げてくるものを感じました。


作り手として、これほど光栄なことはありません。
言葉も出ないほどでした。

まさに、祈りそのもの。


皆様に支えられて、今、こうして、私があるのだと実感させていただいています。


この作品へのプロセスは、明日に続きます。



blogランキングに参加しています。
下のバナーをワンクリック。

よろしくお願いいたします。





にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


にほんブログ村

ちょっと寄り道

おはようございます。
かわのかみさよこです!

雲一つない秋晴れの朝。
深呼吸すると、身体に幸せ感が染み渡ります。

夏のお疲れは出ていませんか?


さて、今朝は裏地のお話です。

「バーゲンで売っていたから、それを裏地にします。」

「あんまり好きな布じゃないから裏に使っていいかな?」

そんな言葉が時々教室で交わされますが、私は、裏地こそお洒落に行きたいなって思うのです。

昔の羽織りの胴裏って、粋だったでしょ?

色鮮やかに龍が描かれていたり、胴裏で勝負してると言った印象さえあります。

コートの裏地も光沢ある絹だったら、隠れたお洒落で着ていることでワクワクしてきます。


そう!
キルトの裏地も、キルトトップの雰囲気にあったものを選ぶと、ぐっとセンスUPします。
ここで手を抜かないのがポイント!

photo:01



「森の情景」の裏側


もちろん!
手元にある布を使ってもよし!
その場合、その布が最大限に生かされる場所を探してあげましょう。

布にも言い分があります。
「いい加減に使わないで(怒) 私をごきげんにして!」ってね!!!


作品展で、裏地を観てみたいな?って衝動にかられるのもキルターなら致し方ないこと。

作品が"ごきげんな顔"になるよう、心を込めて裏地を選ぶよう心掛けてる私の呟きでした!


明日は、いよいよ!
私が、今までにない集中力で千人針のような心境で縫ったキルトの紹介です。


photo:02




「萌え」の裏側

いつもありがとうございます。クリックしてくださる皆様のおかげで、blogがいろんなところにされるようになってきました。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

キルト「森の情景」

こんばんは!
かわのかみさよこです。

今日は、午前 午後 夜の3クラスの日。
かなりハードですが、楽しい一日でした。

さて、10年前、私は手術とリハビリで三ヶ月の入院生活を強いられました。

その時、森の中で、精霊たちに身体を委ね、治して貰いたい。

そんな衝動にかられ、このキルトを縫い始めたのです。

中央のキルトは、アンティークキルトの生命の木をアレンジしたもの。

photo:01



柘榴は、キリスト教では再生と不死に対する希望のシンボルとされています。

そして、周りの緑のパッチワークは森をイメージしたもの。

photo:02




アクスヘッドと言うパターンで、縫うのに苦労しましたが、リハビリの辛さと重なり、互いが共鳴しあい、縫う事に打ち込めました。


退院してから、二年かけて完成させたのですが、柔らかな色彩と真っ白な綿サテンに施す柘榴のキルティング。

その一針一針が、自分へのエールそのものでした。

このキルトに触れていると、森の優しさに包まれ、元気になれる気がする大好きな一枚です。




こちらの方も応援よろしくお願いいたします。にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
プロフィール

Author:Quilter Sayoko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。